Peak Designのカメラストラップ「SLIDE LITE」を購入。使い勝手が良すぎて手放せなくなりそう

SLIDE LITE カメラ

カメラを買うとこだわりたくなるのがストラップ。純正のストラップもいいけれど長さの調整が面倒という悩みがありました。

そこで今回はストラップの長さ調節が簡単で、ストラップ以外の関連製品も充実しているPeak Designの「SLIDE LITE」を購入したので紹介します。

スポンサーリンク

純正ストラップにはちょっと不満があった

Z6の純正ストラップ

カメラを買うと付いてくるメーカー純正のストラップ。

純正ということでそのカメラに合わせて作ってあるし、そのカメラの名前が付いているストラップもあるので所有欲を満たされるわけです。

Z6やZ7に付いてきていたストラップはこれまでの純正ストラップとデザインが一新され黄色が印象的な見た目になりました。

完全に個人の好みの問題ですが、見た目が派手すぎて持ち歩くのがちょっと恥ずかしかったりするわけです。

あとはストラップの長さもちょっと短くて使いにくいんですよね。たすき掛けにして持ち歩きたいけれど、そこまで伸ばすには短いという感じ。

そこでtwitterで見かけてから気になっていたPeak Designのストラップ、SLIDE LITEを購入するに至りました。

Peak Designって?

peakDesignのストラップ

Peak Design(ピークデザイン)はアメリカに本社を置くカメラ製品メーカー。

写真を撮影する人なら感じるであろう不満を解消するため「こんなものが欲しかった!」というカメラ製品を多数発表しています。

特に「CAPTURE(キャプチャー)」といったカメラをリュックに固定するシステムや「ANCHOR(アンカー)」を中心としたシステムを使ったストラップ製品を愛用している人は多いのではないでしょうか。

今回はZ6に付けるストラップということでフルサイズのミラーレスカメラにも対応できる「SLIDE LITE」を購入しました。

SLIDE LITEを買いました

Peak DesignのSLIDE LITE

Peak Designからは大きく分けて3つのストラップが発売されています。

  • SLIDE(スライド)
  • SLIDE LITE(スライド ライト)
  • LEASH(リーシュ)

の3種類ですね。そのほかにはハンドストラップのCLUTCH(クラッチ)もありますが今回はネックストラップが欲しいので除外です。

SLIDEから順番にストラップが細くなって、対応できるカメラサイズも変わってきます。

フルサイズミラーレスのZ6に使うので中間のSLIDE LITEを選びました

SLIDE LITEの外観

Peak DesignのSLIDE LITE

外箱の外観。実際に身につけた時のイメージが掴みやすくてわかりやすいですね。

SLIDE LITEの中身

箱の中身はこんな感じ。車のシートベルトを思わせるような丈夫なストラップ。

あとはPeak Designならではのアンカーが4つとアンカープレート、プレートをカメラに固定する六角レンチ、小物をしまうことができるポーチが付属しています。

SLIDE LITEを使ってみた感想

SLIDE LITEの外観

SLIDE LITEを買ってから3ヵ月くらい使っての感想としては、とにかく快適の一言

街中を歩きながら撮影するときにサッと構えられる長さに調整しやすいこと、収納するときにはアンカーからストラップを外してコンパクトに収納できたりとかなり使い勝手がいいです。

デザインも変に凝っておらず飽きずに使い続けることができそう。

SLIDE LITEはストラップの長さを調節しやすい

アジャスター

ストラップの左右についているアジャスターを使って簡単に長さを調整できます。

普段はたすき掛け、人混みの中を歩くときは長さを短く調整するなどその場その場で手軽に長さ調整できるんですよね。

特にミラーレスカメラはファインダーをのぞいたり、背面のディスプレイで見てみたりとストラップの微調整をしたくなる場面が多くあります。

アンカーは取り外しが簡単

アンカー

このアンカーを使ったシステムの魅力がなんといってもその取り外しのしやすさ

防湿庫やバッグにしまうときは取り外してコンパクトにできる点が魅力です。

アンカー自体はカメラにつけっぱなしにしていてもほとんど邪魔にはならないし、むしろアクセントになっていい感じ。

アンカーマウントがZ6のボディにぴったり

アンカーマウント

SLIDE LITEにはアンカーマウントというカメラの底に固定してストラップをつけることができるプレートが付属しています。

アンカーマウントをボディに取り付けたところ

このアンカーマウントがどうゆうわけがZ6のボディにぴったりなんですよ。

専用に設計したんじゃない?

ってくらいぴったりで驚いております。

Z6やZ7にマウントアダプタのFTZを付けると段差が出来て大きなプレートなどが付けられない問題がありますが、この小型なアンカーマウントであれば問題なく使い回すことができます。嬉しい。

このアンカーマウントを使ってカメラを底から吊り下げることができ、レンズを下向きで持ち歩けます。

レンズが下向きになると歩いているときも壁などにカメラをぶつける心配がなくなるので精神衛生上たいへんよろしいわけです。

SLIDE LITEのまとめ

SLIDE LITE

新しく購入したカメラ用のストラップ、Peak DesignのSLIDE LITEを紹介しました。

カメラ用のストラップは数多くあるけれど、このSLIDE LITEの使い勝手には正直驚きました。

アンカーを組み合わせたシステムは拡張性もありますので、より自分にあった使い方を見つけていく楽しみもあります。

カメラストラップの購入で迷ったらSLIDE LITEを検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました