コスパ抜群な折りたたみ傘「bodyguard(ボディガード)」レビュー。

折り畳み傘「bodyguard」買ったモノ

雨の日に欠かせない折りたたみ傘。

天気予報次第では突然の雨に備えて傘の持ち歩きが必須になってきます。

持ち歩きやすい折りたたみ傘を選ぼうにも多くの種類があって選べないという人も多いのではないでしょうか。

昨年に購入した折りたたみ傘「bodyguard(ボディガード)」の使い勝手が良く重宝しているのでレビューしてみたいと思います。

シンプルなデザインのため様々なシーンに活躍します。

折りたたみ傘「bodyguard(ボディガード)」をおすすめするポイント

折り畳み傘bodyguard

この傘をおすすめする理由は4つあります。

  • 強度
  • 開閉のしやすさ
  • 高い撥水性
  • ゆったりとした大きさ

 

マメシボリ
マメシ

1000円ちょっとと手ごろな割には壊れることもなくコスパが抜群でした!

 

10本の傘骨による強度の高さ

折り畳み傘bodyguardの背骨

この傘を買ってよかったと思えた最大のポイントはなんといってもその強度。

グラスファイバー製の傘骨が10本あり、一般的なアルミニウム合金製の傘より優れた耐風性を持ってます。

1年間使用してみましたが、骨が曲がることも裏返ることもありませんでした。

防サビコーティングをしているので錆もつきにくいようですね。

ワンタッチ自動開閉

持ち手についた開閉ボタン押すだけで片手でに開閉できる点も便利。

多くの傘は開く時はボタン一つで開くけれど閉じる時は手を使わないといけないですよね。

この傘であれば開いている状態から同じくボタン一つで閉じることができるんです。

片手に荷物、片手に傘という状況でも開閉ボタンを押すだけで開閉できます。

ただし閉じた状態から収納するためには中棒を両手で縮める必要があります。
スポンサーリンク

テフロン加工の高い撥水性

表面の布地はテフロン加工され、優れた撥水性を持っています。

1年使った今となっても撥水性はやや落ちてきましたが中に浸みてくるということはありません。

布は皺が生じにくく、ハリを維持しています。

マメシボリ
マメシ

今後は定期的に撥水スプレーをしてメンテナンスもしていきたいです。

余裕のある大きさ

開いた時の直径が約105cm。折り畳み傘にしては比較的大きいので、荷物を背負った状態でも余裕をもってカバーできる大きさ。

傘の重量は約450g、折り畳むと約32cmで収納ポーチも付いてあるので、普段使っているビジネスバックに入れて持ち歩けます。

スポンサーリンク

まとめ

いざという時にないと困る折り畳み傘。

普段の持ち歩きはもちろん、車に置いていたり職場に置いていたりと複数持っていても役に立つ場面はあります。

今回紹介したbodyguardはアマゾンでの評価も高く、手頃な値段なので追加で購入する折り畳み傘としてもおすすめですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました