ミニマルな財布「PRESSo(プレッソ)」がいい感じ!

ミニマルな財布「PRESSo」買ったモノ

ミニマリストにはなれそうにないけれど、財布くらいはコンパクトにしたい…

そんな悩みが前からありまして、コンパクトでミニマルな財布「PRESSo(プレッソ)」を購入してみました。

かさばりがちなカード類をコンパクトに収納しつつ、必要最低限のお札や硬貨も収納できるとあって見かけの小ささからは想像もできないような使い勝手の良さ。

また使い込むほど味が出てくるレザーを使用しているので長く愛用していくこともできそう。

1年前に発売され気にはなっていたものの生活スタイルに合うかわからず迷っていましたが、遂に購入となりました。

とりあえず1ヵ月ほど使ってみたのでその感想も合わせて紹介します。

PRESSoとは

PRESSo

このPRESSo(プレッソ)はdripという会社が2018年にクラウドファンディングを企画、販売が開始されました。

これからのキャッシュレス時代を見越して、必要な機能は残しつつしっかりとした品質を兼ね備えたコンパクトな財布として誕生したのがこのPRESSoなわけです。

そのモノづくりに対する想いは公式サイトからも良く伝わってきます。

今、本当にほしい!僕たちの理想の財布。

PRESSoの見た目

PRESSoの見た目

PRESSoの見た目

PRESSoの見た目

熟成レザーを使用した高級感ある見た目。

  • モカ
  • アメリカ―ノ
  • ブラック

色はこの3種類から選ぶことができます。私はアメリカ―ノを選びました。

使用して間もないのに程よい艶があって使い込み甲斐がありそうです。

コンパクトな見た目

大きさはおおよそ横6cm×縦9.5cm×厚み0.7cm(※公式サイトより)。

PRESSoの重さ

重さは何も入れない状態で38gとやはり軽いです。

一般的なカードケースサイズかそれよりコンパクトなところが魅力です。

PRESSoの収納力

PRESSoの収納力

PRESSoにはカードポケットが3つ、紙幣を挟むアオリポケットが1つ、小銭入れが1つ付いていて見た目のコンパクトさにかかわらず、かなりの収納力を持っています。

カードは3つのポケットにそれぞれ最大2枚ずつ、アオリポケットにはお札が4枚程度、小銭入れは硬貨が5、6枚程度入ります。

 

マメシ
マメシ

最初は革が硬いので徐々に使い慣らしていく必要がありそうです。

 

3つ折りにして持ち歩くわけですが、まぁコンパクトで外出が捗ります。

スポンサーリンク

1ヶ月使用してみての感想とか

購入してから主に仕事やプライベートで持ち歩いてみました。

結果から言うとかなり使い勝手が良くて生活の一部になりつつあります

主な使い道としては

  • カードポケットにはクレジットカード、セキュリティカード、免許証、Suicaを入れる
  • アオリポケットには5千円札1枚を挟み込んでおく
  • 小銭入れは常に空

と言う感じに使っています。

このコンパクトさは正義

まずなんといってもコンパクト故の使い勝手は最高の一言に尽きます

なぜお金を支払うという行為のために大きな財布を持ち歩いていたのか

という、これまでの生活を見直すいいきっかけになりました。

普段はSuicaも入れているので、

胸ポケットからPRESSoを取り出す → 改札にタッチ

という流れをスムーズにできるところが快感だったりします。

Apple Payでいいじゃんと言ったあなた、表に出なさい。

容量はちょっと不足気味、でもすぐに慣れそう

実は、持ち歩くカード類が多く、普段から使っている財布とまだ併用しています。

PRESSo1つに絞ってもう少しコンパクトに生きたいものですが仕事のモノもあるので難しいところ。

とはいえ日常生活ではスマホ決済ができる場面が増えてきているので財布としてはPRESSo1つだけで生活できる日も近そうです。

アオリポケットや小銭はあくまで保険

挟み込んでいる5千円はいざという時の保険用。

最初は1万円を挟んで使っていましたが、お釣りがあまりに多くなってしまって5千円に落ち着きました。

小銭入れもあまり多くは入らないので、普段から小銭を持ち歩くというよりは、お釣りの借り置き場という使い道がしっくり来ています。

 

マメシ
マメシ

このポケットの上手な使い方を考えたい…

水は大敵!心配な人はタフレザーを使用したモデルもあるよ

普段登山をしたりアウトドアにも出かけることが多いので、荷物を減らすために財布がコンパクトになるのはありがたいんですが、PRESSoの特長でもある熟成レザーは水分が大敵。水に濡れてしまうとシミの原因にもなります。

水濡れが心配なアクティビティでは使えないので、タフレザーを使用した「PRESSo piqué(プレッソ ピケ)

も気になっています。

まとめ

長財布にカードやお金を詰め込んで生活してきた自分にはいきなりこのPRESSoだけで生活するのはまだ難しいところ。

ただし、その使い勝手の良さはまさにこれからのキャッシュレス社会に合ったものです。

大切に使いながらじっくり革を育てて、いずれはPRESSoだけで生活できるようなライフスタイルを目指すのも面白いですね。

ミニマルな生き方をしたい人には間違いなくオススメの財布です。

追記:PRESSoがメジャーアップデートされます!

2020年4月24日よりこれまでのモデルからスナップボタンがついたモデルへとアップデートされることが発表されました。

確かに革が馴染んでくるまで閉まり切らなかったのでこれは嬉しいアップデート!

今使っているPRESSoを手放して交換するつもりはありませんが、新しく購入される方は新しいモデルを購入しても良いですね。

現在のモデルも在庫がある限り継続して発売されるようですが、数に限りがあるので早めにチェックをしましょう!

皆さんの声を受け、PRESSoは新たに生まれ変わります
発売から1年半、これまで累計3000人以上の方に使っていただいてきたキャッシュレス時代の理想の財布「PRESSo」 もとはぼくらの頭の中にある小さなアイデアでしかなかったものが皆さんの意見で大きく膨らみ、クラウドファンディングにより沢山の方の支援をいただき、こうして形にできたのは嬉しい限りです。 まずはいつも使っていた...
タイトルとURLをコピーしました